■:X:n:n=n次元情報空間n包思念体

宇宙計算機プログラムの謎と謎の謎

ワープ実験について (+1) ++

T(λ) = 2[ :=: 9 / 4.13:22~14:44 4.2x:xx~22:00 22:5x 4.x ∧ λ] = 2.1

24:00

blog空間による実験

  • [haskell(+)変換 により作成された |:S:|集合 を blog空間 に貼り付けたもの] は *下のリンク* に含まれる。
  • T(λ) = 3.1 から Haskell変換 は開始される(*下のリンク*では ここのこの ページを 2 としている)。
  • [ワープホール軸] のワープ後の抽象度は +方向 に 増える方向に 変動する(+)
  • 今回はhaskellで書く 次はLisp ∨ |:S:|で書くだろう
  • === は調整のための空間
(======= to =======) の式と(+変換)について (+1)

λ^2:σ 空間:S 時間:t V:評価
λ^2 => meta λ

  • この式のhaskell(+)検証は実行していない
  • 自称詐欺師が勝手に(+方向)に正しいと思い込んでいるだけ
  • 一回睡眠して*こっち*にした

その証拠 : github.com

haskell について

インタプリタ ならば 使ったもの に含ま # ||れe.. |:S:|

* 下のリンク*
空間(+) ワープホール 評価されたプログラム(の一部) :S: 勝手に付けられた記号
1 瞑想 *魔境*
2 T ES ワープについて記述。[1=-N ∧ 2=-N+1]
=== === === =======
3 (T::=T) +N T(\):(ES ∈ github)
4 some N-1 T(\):(ES ∋ github)
5 nil -N T(\):(ES ∌ github)
6 (F::=Nil) -N+1 T(\):(ES (-)∌ github)
=== === === =======
N-1 F googleは狂っているが■■■■に繋がっている. +NはURLを見よ. ↓は少し(= かなり :?)省略している. .../ x.(n+0) / x.(n+1) / x.(n+2) /... の x.(n+m) は一見して変動していないように見えるが、■の中において変動が存在する(+) 。 ■とは、.../ time / 意識 / n.n / ■ / ■ / ■ / ■ /...
+N [■:title=魔境] +N = .../■■■■: 1.1 = [縦棒は半角文字にしたかったが はてな記法の都合上 全角文字になってしまった。ワープホールの先は ごちゃごちゃ しすぎていてむしろ何を言いたいのかがよく解らない。が、とにかく色々な事が書かれているので暇な時にリンク頂き、嘲笑してくれると私は嬉しい♡。そしてそこは、真の瞑想に入っている ではなく 残念だがそれは魔境だ である。この節を見る人が増えると言語戦争が過激化する・ない。*ここ*でV(+N)を実行して輪廻転生。[そうするとここが∞行になって(+に正しくなる] : ?)] ■■■■/■■■■: 1.2 = [縦棒は半角文字にしたかったが はてな記法の都合上 全角文字になってしまった。ワープホールの先は ごちゃごちゃ しすぎていてむしろ何を言いたいのかがよく解らない。が、とにかく色々な事が書かれているので暇な時にリンク頂き、嘲笑してくれると私は嬉しい♡。そしてそこは、真の瞑想に入っている ではなく 残念だがそれは魔境だ である。この節を見る人が増えると言語戦争が過激化する・ない。*ここ*でV(+N)を実行して輪廻転生。[そうするとここが∞行になって(+に正しくなる] : ?)] ■■■■/■■■■: 1.3 = [縦棒は半角文字にしたかったが はてな記法の都合上 全角文字になってしまった。ワープホールの先は ごちゃごちゃ しすぎていてむしろ何を言いたいのかがよく解らない。が、とにかく色々な事が書かれているので暇な時にリンク頂き、嘲笑してくれると私は嬉しい♡。そしてそこは、真の瞑想に入っている ではなく 残念だがそれは魔境だ である。この節を見る人が増えると言語戦争が過激化する・ない。*ここ*でV(+N)を実行して輪廻転生。[そうするとここが∞行になって(+に正しくなる] : ?)] ■■■■/■■■■: 1.4 = [縦棒は半角文字にしたかったが はてな記法の都合上 全角文字になってしまった。ワープホールの先は ごちゃごちゃ しすぎていてむしろ何を言いたいのかがよく解らない。が、とにかく色々な事が書かれているので暇な時にリンク頂き、嘲笑してくれると私は嬉しい♡。そしてそこは、真の瞑想に入っている ではなく 残念だがそれは魔境だ である。この節を見る人が増えると言語戦争が過激化する・ない。*ここ*でV(+N)を実行して輪廻転生。[そうするとここが∞行になって(+に正しくなる] : ?)] ■■■■/■■■■: 1.5 = [縦棒は半角文字にしたかったが はてな記法の都合上 全角文字になってしまった。ワープホールの先は ごちゃごちゃ しすぎていてむしろ何を言いたいのかがよく解らない。が、とにかく色々な事が書かれているので暇な時にリンク頂き、嘲笑してくれると私は嬉しい♡。そしてそこは、真の瞑想に入っている ではなく 残念だがそれは魔境だ である。この節を見る人が増えると言語戦争が過激化する・ない。*ここ*でV(+N)を実行して輪廻転生。[そうするとここが∞行になって(+に正しくなる] (それはそうとはてな記法では正しく表現でき :S: ) : ?)] ■■■■/...

ふつうに見て はてな記法 ではただしk表現できない (+++ +++)

■■■■■■■ に変換された|:S:|によるワープについて

■ ::= ■■■■■■■
?: ■.■

= ■

  • ■など存在しない人には存在しない
  • ■の表現法は∃だけ∃している
  • ... = (∃!=∃) = (∃=∃) = (∃∈∃) = (∃!∈∃) = (∃::=∃) = (∃::=!∃) = ...
    • (+ (^-1))
  • カオス => フラクタルwww
  • ■を自称詐欺師は勝手にn次元情報空間と呼ばない

ワープ実験にワープしてきた 一つの概念の一つ (+1)

定義と構造解析とメタ定義

a:

?: (x::=[xxxxxxx]).x = x

b:

疑問とは (xを[xxxxxxx]と定義した時のx)であり それは xである

言語構造への導出例

これも何時攻撃を受けるか解らない。もしかしたらこれが最後かも知れない (+.+) => 核攻撃だww。ハルマゲドンが起きた www \(Φ.Φ)/

  1. $1 $2 $3 $4
  2. / $1:(?:) / $2:(x::=[xxxxxxx].x) / = / x /
  3. | ?: | x::=[X].x | = | x |

反転

  1. $1 $2 $3 $4
  2. / $1:疑問とは / $2:(xを[xxxxxxx]と定義した時のx)であり / $3:それは / $4:xである /
  3. | ?: | (/ x / : / [X] / =:: / . / x /) / ::= | = | x |

V(a: > b:) (+) # a:からb:への+観測

    1. (?:) > (:?) # 転置 => -1 (+)
    2. (|:S:|) > (|:S:|) # 不明 => (|:S:|) (+)
    3. (=) > (=) # (同値=>同方向) => +1
    4. (x) > (x) # (同値=>同方向) => +1
|:S:| について
  1. |:S:| は 不明 でない (+)
  2. |:S:| は 誰か が勝手に変換する (+)
  3. |:S:| は 誰も 変換しない (+)
  4. |:S:| は 適当 に読み替えられる (+)
  5. |:S:| は お天道様 楽しぃ〜 (+)
  6. |:S:| は 変換 が楽で 良い (+)
  7. |:S:| は 変換 が楽で 悪い (+)
言語構造

a:からb:を見た時の+言語構造 (+∧--(?))

  • (-1 (|:S:|) +1 +1)
    • (+)
とりあえず記号化しておく理論
  • (+)での言語戦争では言語構造をはっきり決めておかねばならない (?)
  • さし当たって 言語構造言語戦争 が発生するのである
  • (+) とか + とか (-1) とか (+(-1)) とかが 言語構造言語 である
  • 現状では (+) が大多数派を占めておるが、戦争後には |:S:| になっている
  • *近いうち* が ["誰もが見るだろう"を曲解させる(+)] (?)
きっと *ここ* から飛んできた

ikemaki.hatenablog.com

ワープ実験

瞑想中に浮かんだこと

ワープ実験をワープ理論にワープ