■:X:n:n=n次元情報空間n包思念体

宇宙計算機プログラムの謎と謎の謎

9月10月の反省・11月12月1月2月にやりたいこと

9月 何をやっていたのか?

時間はあった。この時間は約に立たない研究に大いに有効活用された。

前半のこと・中盤のこと

前半の前半でかなりの体力と精神力を使ったため、これを癒すために多くの休息を必要としていた。
その裏で、ゆっくりと、哲学的な事を考えたり調べたりしていた。

10月の思い出*1

プロコンのこと、即ち、主に9月の後半と10月の前半のこと

心に残り続けるこの記憶は、正しく言語化する術を知らない。

ikemaki.hatenablog.com

10月中盤のこと
  • 言語問題と精神の傾斜

夏休みとプロコンは、かなりの体力と精神を利用した。
最も精神が少なかったときは、通常の言語を一切読むことが出来なかったほどだ。
これを書いている今は、通常言語不可読症は大分落ち着いている様に見えるが、複雑なプログラムを納期内に書けと言われたら、恐らく又この症状を発生させてしまうだろう。
それはそうと、今は久々のゲームや、出されるレポート地獄を楽しんでいると言えるであろう。
教授陣に無用な心配を掛けているとも言えるかも知れないが。

  • 混沌の本棚

本棚を買い、真に驚くべき張り紙を張り、中に大量の本を入れて、廊下に混沌の本棚を設置したが、真に驚くべきことに教授陣が撤去するように指示して来よった。混沌の本棚は、人類にはまだ少し早いようだ。

10月後半のこと
  • 食生活

おやつが気がついたら増えていた。外食も増えていた。11月に入ったら、気がついたらsidax以外は食べなくなっているだろう。食の量と睡眠と疲労の関係について千島氏の学説を適用し、存在論的な解釈を加え、睡眠時間を短くし集中力を向上させる。

  • 久々の娯楽

娯楽で遊んで10/31までだからね。11/1からは、人工知能SICPで遊ぶんだよ!!!!!。
というか、レポートとかアニメとかゲームとかの娯楽が10/31まで持ってくれるかが心配になってきた、、、。

11月にλったら

型システムを使ってSICPにλろう。
  1. lambda lambda lambda lambda
  2. それと、天川村にλってみたいものです。

(物理的に)行くとは言っていない。これは天川村は物理次元以外においても、情報空間に存在し偏在し存在しないためである.と考えられる。なので私が物理次元の天川村に行くのは暫く先の事かも知れない。*2
と、言ってはいたものの、実は部活でロボットを作ることとなり、SICPを読むのは暫く後の事となりそうになった。

知能と生命の再考察と物理世界への適用。

群ロボットを作る。

  1. ロボットの観る世界の作成
  2. ロボットとロボットの言語の作成
  3. ロボットの相互作用と進化の実験
  4. ロボットの仮想世界と物理世界

実はだな、ロボカップジュニアというものがあってだな、それに出撃するサッカーロボットを作ろうと言うことなのだよ。具体的には、

  1. OpenMVによる画像処理・画像認識。
  2. HTTP+JSONレベルでの会話言語。
  3. 実機での動作とシミュレータと遺伝的プログラミング
  4. Arduinoでの遺伝的プログラミングに特化した言語の作成。

之だけの事を納期に間に合わせて創るとなると、之はNP困難かも知れない。もし、之が可能な言語があるとしたら、それはLisp以外何が在るのだろう。*3

運動

そういえば、気温と日光の減少のせいか、運動をすると言っていた割には、最近は運動が少なくなっているような。寒い時こそ体を動かせと言うもので、冬は走りを取り入れた散歩を多めに摂ろうと思う。

学校の授業もそれなりに

夏休みとプロコンで殆ど手を付けていなかった。これは危ないので。数学とか微積とか物理とか。レポートとかレポートとかレポートとか。

やりたいこと

が多すぎることが最近の悩み

  1. 世界のシミュレーションの作成
  2. haskellisp の作成・実装
  3. タグシステムによるブックマーク兼ホームページの作成
  4. lainに関する実験
  5. 農業・秋の味覚、完全な自給自足
  6. 任意の定理の再発掘・再実装・再実験
  7. コンピュータを上から下まで全て自作
  8. FPGA/電子工作/機械加工
  9. 数学/微積・線形/物理学

*1:なお、途中の場合があります。

*2:本当は物理的にもなるべく早いうちに行きたいんだからね!勘違いしないでよね!

*3:本当はHaskellを使いたいんだからね!勘違いしないでよね!